オプション講座 宅建試験には、直前期に最低限すべきことがあります。
宅建合格には必要なタスクが3つあります。1つ目が、基本論点の理解。2つ目が、論点別及び実践形式で過去問を仕上げる、そして3つ目が直前期に最低限すべきことをやる! です。では、直前期に最低限すべきこととは一体なんでしょうか?
それは、
①近年の試験傾向を考え、今年度出題予想が高い論点をしっかりやること。
②法令と宅建業法の2科目の知識の詰込み。
③直前にならないとわからない法改正・統計情報のチェックをしておくこと。の3つです。

タキザワ直前特訓講座
「最短で過去問を仕上げたい!」方のための講座です。
宅建合格には必要なタスクが3つあります。1つ目が、基本論点の理解。2つ目が、論点別及び実践形式で過去問を仕上げる、そして3つ目が直前期に最低限すべきことをやる! です。では、直前期に最低限すべきこととは一体なんでしょうか? それは、①近年の試験傾向を考え、今年度出題予想が高い論点をしっかりやること。②法令と宅建業法の2科目の知識の詰込み。③直前にならないとわからない法改正・統計情報のチェックをしておくこと。の3つです。



タキザワ直前特訓講座

タキザワ宅建予備校では、初学者では、情報をそろえるだけでも大変な「直前期にこなすべきタスク」を1つの講座にしてまとめました。それが「タキザワ直前特訓講座」です。この講座を受講しておけば、試験直前に取り組むべきタスクが全てそろうことになります。しっかりチェックして、万全な状態で試験に挑んでください!

瀧澤宏之

>>瀧澤宏之プロフィール

試験直前期に最低限やっておくべきタスクとは?

試験直前期に最低限やっておくべきことを以下にまとめました。当講座を受講するしないに関わらず、何かしら準備が必要なので、必ずチェックしておいてください!

1,試験直前期には、近年の試験出題傾向を分析して、出題可能性が高い論点をおさえる必要があります。
宅建試験は、過去の出題傾向から、ある程度、出題予想することができます。タキザワ直前特訓講座では、講師歴25年の瀧澤宏之が今年度試験で出題が予想される論点をピックアップします。





2,試験直前では、合否に直結する「法令上の制限と宅建業法の知識の詰め込み」を必ず、する必要があります。
タキザワ直前特訓講座では、「法令上の制限と宅建業法の28問で25点以上取る!」を目標とします。 宅建合格の最大のカギは、法令上の制限と宅建業法の2科目で大量得点を稼げるかどうかです。そのために欠かせないのが、正確・精密な知識です。当講座では、書き込み式のオリジナルワークブックを使用して徹底的な知識の詰込みを目指します。



3,宅建試験では、直近3年程度の間に施行された法令の改正を押さえておく必要があります。
宅建試験は、その年の4月1日に施行されている法令をもとに出題されます。ただし、その年の改正点だけではなく、直近3年程度の間に施行された法令については、改正内容をおさえておいたほうがよいでしょう。タキザワ直前特訓講座では、近年の改正点を中心に、周辺知識・関連知識もコンパクトにまとめていますので、きちんと改正点を把握して本試験へと備えることができます。


4,毎年必ず1問出題される「統計情報」。宅建業界にまつわる最新の統計値が出題されます。
統計は、毎年必ず1問出題されており、宅建業界にまつわる最新の統計値が出題されます。統計と一口に言っても、様々なものがあり、出題の対象となる最新の統計データは、試験実施年の7月ごろにかけて、順次、発表されます。タキザワ直前対策講座では、試験の直前期に、その年の特徴的なデータに絞って知識を頭に入れて、本番に備えることができます。


講座詳細

【 教材内容 】
 ● 出題予想論点チェック講義のDVD 5枚
 ● 出題予想論点チェック講義のテキスト 1冊
 ● 法令・業法知識詰め込み講義のDVD 8枚
 ● テキスト「ワークブック宅建」 1冊(法令・業法知識詰め込み講義の使用テキスト)
 ● 2017年法改正講義のDVD 1枚
 ● 2017年法改正講義のレジュメ 1冊
 ● 2017年統計対策講義のDVD 1枚
 ● 2017年統計対策講義のレジュメ 1冊

【 科目・回数 】 全10回・27時間

【 開講日 】 2017年7月3日(月) >> 詳細スケジュール

【 担当講師 】 瀧澤 宏之講師

【 受講料 】 一般価格 27,000円(税抜き)

宅建に合格するための3つのタスク


タキザワ過去問特訓講座


割引


実施講座の詳細を見る

実施講座の詳細を見る

お知らせ

特にありません。

PAGE TOP