受講の手引き 宅建試験に合格するためには、結局、何をしないといけないのか?
何を成し遂げるにしても「成し遂げるために必要なタスク(仕事量)」を明確に理解していないと、成功できません。受験勉強も同じで「合格するために必要なタスク」を知らずして、合格などありえません。

瀧澤宏之が提唱する3つのタスク

不合格だった受験生は、最低限やるべきことをやっていないだけ。

宅建試験に不合格だった受験生の大半は、「合格するために最低限やるべきこと」を知らなかったか、「わかってはいたが、やれなかった」のどちらかです。宅建試験は、難関資格ではないですが、「最低限やるべきこと」をやらずに合格できるほど甘い資格ではありません。

宅建試験に合格するために、最低限やるべき「3つのタスク」


タキザワ宅建予備校では、合格に不必要なタスクは一切やりません。
合格に必要なタスクを明確にし、そのタスクを初学者でも「スムーズ」に「最速」でマスターできるようカリキュラム設計しています。

以下は、タキザワ宅建予備校のカリキュラムです。宅建士合格に必要なタスクを明確にし、それらをマスターするために必要な講座だけを実施しています。「①基本論点の理解」は、宅建基本講座をしっかりと学習してください。初学者でも、無理せず習得することができると思います。
タキザワ宅建予備校が月額制を採用しているのは、経済負担をできる限り軽くして、全ての方が「過去問講座」や「直前講座」を受講していただきたいからです。宅建受験生は、ここを軽視している場合が多く、それが合格に繋がらない原因になっています。タキザワ宅建予備校の受験生は、ここにしっかり時間を使っていただき(←講座を受講すると時間をかけざるを得ないですから)、全受講生に合格を勝ち取って頂きたいと考えています。

予備校を利用される前に、皆さんにお伝えすべきことはこれで全てです。合格するために必要なタスクもしっかり理解されたはずです。
あとは、それを実行するのみ! 必ず合格できる試験ですから、私と一緒に頑張っていきましょう!





タキザワ宅建予備校

お知らせ

タキザワ宅建予備校の「2022年試験対策・2021年試験対策 月額制サービス」では、インプット対策はもちろん、過去問対策、直前予想、統計対策、法改正対策など予備校内の「全講座(165時間)」を受講できます。 >> 月額制サービスのカリキュラムはこちら。

PAGE TOP