オプション講座 15時間の講義で、権利関係10点以上をブラッシュアップします!
近年、難化が著しい権利関係。特に条文数が1000以上あり、判例からの出題も多い民法は、宅建試験の最難関科目です。「難問奇問は正解できなくても合格できる」とは言うものの、少しでも知識の幅を広げて他の受験生に差をつけたいと考える受験生も少なくないでしょう。そんなニーズにタキ予備がお応えします。

民法ブラッシュアップ講座
15時間の講義で、権利関係10点以上をブラッシュアップします!
宅建合格には必要なタスクが3つあります。1つ目が、基本論点の理解 2つ目が、論点別及び実践形式で過去問を仕上げる、そして3つ目が直前期に最低限すべきことをやる! です。では、直前期に最低限すべきこととは一体なんでしょうか? それは、①近年の試験傾向を考え、今年度出題予想が高い論点をしっかりやること。②法令と宅建業法の2科目の知識の詰込み。③直前にならないとわからない法改正・統計情報のチェックをしておくこと の3つです。



民法ブラッシュアップ講座

知識の幅を広げることで得点力を高めるため、マイナー分野・論点を解説します。また、理論的な理解を深めることで、未知の問題に対する対応力を高めます。

瀧澤宏之

>>瀧澤宏之プロフィール

民法ブラッシュアップ講座 講座内容



知識の幅を広げることで得点力を高めるため、マイナー分野・論点を解説します。また、理論的な理解を深めることで、未知の問題に対する対応力を高めます。

特長①:15時間の講義で知識の幅を大きく広げることができます。
特長②:「えっ、そういうことだったんだ!?」講義中、あちこちで目からうろこが落ちます!
特長③:オリジナルテキストには、過去の本試験問題やオリジナル問題を掲載。受講後に問題演習に取り組むこともできます。
特長④:権利関係で10点以上を狙えます。
特長⑤:宅建試験合格後、行政書士や司法書士試験等へのチャレンジを計画している方にとっては、次の資格へのステップにもなります。

講座詳細

【 教材内容 】 ● 講義DVD 8枚 ● 民法ブラッシュアップ講座テキスト 1冊 ● 民法ブラッシュアップ講座用肢別過去問集 1冊

【 科目・回数 】 5回×3時間

【 教材発送日 】 2018年4月9日

【 担当講師 】 瀧澤 宏之講師

【 受講料 】 14,000円(税抜き)


割引


タキザワ過去問特訓講座


実施講座の詳細を見る

実施講座の詳細を見る

PAGE TOP